不倫相手の女の子との不思議な出合い

 女の子との出合いは不倫サイトだった。彼女を一目で好きになっていた。初めて会った時、彼女は長い髪を束ねる黒髪のメガネでどこかインテリぼさを感じました。

 

彼女はいきなり「私は 男性に手でイカせるのが好きなんです」私の思い通りに大きくなったり小さくなったりするのが好きだという。

 

なら、こんな嬉しいことはない。  
こんな可愛い女の子にご奉仕」してもらえるのだから・・・妻は、そういうことは一切しない女だから驚くばかりだった。

 

 

 

 

 小さな小屋の中に「おじさんがこっちへおいで」

 

 私は長椅子に坐らされました。私の前に暑いだろといって持っていたタオルで、首筋から胸のあたりの汗をぬぐってくれました。

 

まだ、幼稚な私はこの意味も分からず、されるがままになっていたら、学生服のブラウスのボタンをはずして手をさしこんで、胸元の汗を拭いてあげるからという理由でした。

 

「こっちは どうかな」今度は乳房に触れてくるんです。子供のころから胸をある程度はあったが、小粒の乳首もピンクでした。

 

 

僕は話の続編が気になって「それからどうしたの、厭らしい粗雑なおじさんだな」女の子の話しに興奮した僕は再びペニスは立ち上がりむくむくった硬さも増していた。

 

「その時 はじめてなんか変だなと思ったんです。でも怖く、拒否することができなかった」
ガタガタ震えている私にとても優しくしてくれるのが救いだった。

 

おじさんは、まだ膨らみきっていない粗末な私の乳房をゆっくり揉むのです。

 

 

「ええーーそれから」僕はもう夢中で話しに聞き入っていた。

 

「乳首をつかまれ、びっくりしたけど 痛みはなかった。優しさが緊張を解きほぐしてくれた」

 

そこまで喋るとふ〜つとため息をついた。

 

 

僕は続きを早く聞きたいと興奮していた。

 

この後、たぶん僕の想像だが『オジサンの手は少女の秘密の入り口をまさぐっていた』と思っていた。

 

 

 彼女は「ふふっ」いたずらっぽく笑い、僕の硬くなったペニスのふたたび「しごき」始めていた。愚劣なおじさんの話しで、すっかり興奮してしまったので、この時 新たな快感が押し寄せてきた。

 

 

 東京に来てからも、男性とは出会いがないという大学生は、若い男性より「おじさん」が好きだという。若い男のセックスが嫌いで、不倫相手は中高年のお爺さんが好きだという。色んな女の子がいることに驚いた。

 

おじさんとのセックスは、やさしくて安心して萌えあがることができるんだと言った。

 

「子供のころから、一人っ子で友達もいなく両親共稼ぎで厳しいだけの環境にいたので、おじさんのやさしさが安心につながっていたんです」

 

「オジサンの掌が乳房からお腹の方へ降りて行った。するとおじさんの手が突然止まった」

 

僕は夢中になって次の話しをした

 

『で その後 おじさんはあなたのあそこを触ったんだよね。太くて大きく、ごつごつした作業員の指があなたのあそこに侵入し、ぐいぐいキュキュッといたずらしたんだよね」』と期待しながら、ついつい焦って言葉が出た。

 

「あっ ごめんね 僕が、つい勝手にしゃべってしまったね」
「いいのよ。それも面白いわね」

出会いない大学生です

僕は彼女の、胸に手を伸ばしたブラジャーに包まれた乳房は形のきれいな美しいものだった。そして、スケベー爺いさんと同じ事をしていた。ゆっくり揉んで乳首をクチュクチュ揉んだ。

 

「うっふ〜」と恥ずかしそうにしている。

 

「おじさんは緊張した私に、逃げ出すこともしないので躊躇始めたのかもしれない」
「ごめんね 君あまりにも可愛いから」と一言、
「怖くなかったかい」「本当にいいんだね」私は黙っていた。

 

俺は「それから、どうしたんだい おじさんはどんなったの」もう、どきどきして話しにすっかり夢中でした。

 

 おじさんの手が私のあそこに下着の上から撫で回していた。「かわいいね かわいいね」 おじさんは何ども言い、そして私に自分のぺニスは握らせたの」

 

私の小さな手は握りきれないほど、大きくて固くて熱くてということを覚えている。

 

「手を、動かしてもらん」私に 手首を持って上下させるの。ヌルヌルとした液体が私の手にまで垂れてきて気持ちが悪かった。

 

おじさんは下着から指を入れて触っている。私は「イタイ イタイ」と泣きそうになっていた。それには無理やりしょうとはしなかった。おじさん良心があるんですね。

 

 それからは、おじさんは急に立ち上がって「手をもっと強く握って早く動かしてごらん」とは、言われたとおりにしていた。

 

私の目の前におじさんのものがあった。私が手の動きを「速めて」と・・・おじさんは「ああっ」と小さく呟いて・・・

 

あそこの先から白い液体なピュピユと吐き出した。ぴくぴくと痙攣し、そのたびにだらだらっと雫が私の手に流れて、青臭くて気持が悪い臭いがした」

 

 

 大学4年生と言ってた、東京で一人ぼっち出会いは全くないという。若い男とはあるが、女の子の出会いたいのは、すらりとした細身ながらも大きな胸、ブラフスの前ボタンがキツそうに見えるほどだ。ホテルに入って、二人で赤ワインで乾杯をした。

 

女の子は一口飲んだ後、僕の両膝の間に入って下半身をすり寄せてきた。目をつむったまま頬を押し付けてくる。

 

まるで愛しいペットに頬づりをしてるような姿でした。頬よせる愛撫に僕の下半身がどんどん膨らみを増してきた。

 

そのことに気づいた彼女は僕の緊張したペニスつかみ出すと、ゆっくりと「シゴキ」始めた。彼女が僕を見上げたとき目と目が合いました。

 

しばらくのあいだ互いに見つめ合った状態が続きました。「ごめんなさい 私って変な女と思われてますよね」沈黙を破って彼女が小さい声で言った。

 

僕は黙ったまま首を横に振りました。彼女は黒縁のメガネを外し、テーブルの上に置きました。眼鏡をかけてる時はわからなかったが端正な美しい顔でした。

 

「私の実家は岩手県なんです」ペニスをしごきながら、いぶかしな話しをはじめました。
「なぜ、こんなことしてると思いますか」

 

自分がみだらな女であることをぼくに理解して欲しいと思ったに違いない。

 

出会いは一人ぼっちの寂しさから

 

 中学三年生の夏、一人で学校から帰っての途中・・・・と、言いかけてから合わせいた視線を外し遠くを見るような眼で外を見ていました。

女の子がオジサンと出会う方法

道で声をかけられたおじさんに

 

「蝉の幼虫って見たことある」
「いいえ」と首を横に振りました。
「こっちへ来てごらん 神社に奥に行けばいっぱいるよ、とてもかわいいんだよ」

 

私は別に蝉の幼虫に興味のないのに、何故か ついて行きました。おじさんはとてもやさしそうだったからでした。昆虫のことに詳しく、その話しに聞きほれていました。

 

 彼女は、僕の物を「しごい」いてた手を休め、陰茎の手のひら全体で包むようにしたままで話しをつづけます。滴だけ彼女の手を濡らすほどしたたらせていました。

 

話しをしながらも陰茎のを握ったままは止まることがありません、女の子の細い指が白い、グロテスクな黒ずんだ陰茎とのコントラストで余計厭らしく感じた。

 

【神社に奥で、このおじさんに、いたずらされたんだ。無理やり処女を奪われたのだ】と直感で思った。

 

 女の子がオジサンと出会う方法は一番安全なのが出会い系サイトだった。と言っていた。 女の子が意外と出会いがないとう、大学生の女の子は、学校とアルバイトの本屋を回って疲れて家に帰るだけだという。

 

俺は、オジサン探しのその一人にすぎないのかなとこ思えてきた。それでもいい、俺は女の子を守りたいと思っているからだ。

 

彼女とは少しの間、不倫関係になった。この女の子が可愛くてとても好きだ。

 

まだ、幼い女の子はこの時のことがトラウマになっているのか色んな男との出合いを求めるという。

 

 粗野で乱暴者の単なるスケベーな、おじさんに会いたいのだろうか。

 

不思議な女の子なのだが、男性を指でイカせるのが好きだというのは、まさにこの時のおじさんにされたことを再現しているのだろう。

 

大学を出たら田舎に帰るという。帰したくないというのは、このおじさんいに俺が負けたような気がして悔しい。彼女はこのおじさんとの出会いを出会い系サイトに見出しているのかもしれない。

 

出合い場所はさまざまで、いろんなおじさんに出会い、あの無骨で卑怯な「おじさん」に似た人を今も探しているのだろう。

 

『埼玉県 50代 久雄』

 

関連性記事はこちら⇒パパの作り方は掲示板でお金を臭わせながら

 

体験済のところだけ!本当に会える
PCMAX
ハッピーメール

 

登録は無料だからここ2つは絶対おすすめ!!可愛い子が多いのです。

 

出会うなら最低2ケ所登録がベストです。それは、相手との出会えるタイミングがあるから 効率よくヨリ多くの出会いが望めます。政治家も知事も利用している2ツ厳選しました


ここから登録したら無料ポイントが付きます、まずは無料登録でお試ししてみてください。

 

TOPに戻る不倫アプリ50歳の恋愛|40代不倫|30代女既婚者不倫の主婦体験談>>