変態セフレはsmしたい[言葉攻めしてください]と言う人妻

  変態セフレと出会ってから調教したい俺の好きなsmしたいと思った「言葉攻めしてください」と彼女が言う。

 

 

 出会いサイトで出会って3ケ月2〜3回食事をしたある日彼女に言われて嬉しくなった。渡りに船だ!美人の人妻セフレは夫のことも忘れて俺の好みに調教していく。

 

 それから「彼女は「ハァハァ・・・もうダメ 許して〜〜」僕は許すはずもなく今度はおっぱい責めをする。

 

 

 バイブはクリトリスも振動させる大きいものに俺は抜き変えておいた。おっぱい噛んで欲しいという彼女に両手で豊満な乳房をおもいきりワシ咬みにギュウギュウにして乳首をちぎれるほど抓ってみた。

 

 

 彼女は誰にも触らせたことのない後ろの蕾の聖地を発掘してしまりが最高で俺はペニスを食いちぎられそうになった。前の穴は突き刺さったままのおもちゃで喜んでくれるからやめられない。

 

 

 それからスイッチを切りバイブレーターを取り出し、今度は正常な位置になり大量な精子を中にぶち込んだ。彼女は喜んで涙を流していた。「こんなの初めてよ・・」とヨダレが流れている。

 

 

 それから、一緒にお風呂に入り身体に泡をタップリ付けてヌルヌルとお互いの体をこすりあい、ここでも俺はたまらんよ=と言いながら後ろから交互に穴を犯し続けた。

 

 

 風呂から出てベットに戻り、彼女に僕のバックから洗濯バサミを取り出すように言った。持ってきたSMようにソフトになっている洗濯はさみを彼女の乳首に付けるように命令した。

 

 

 戸惑いながらも黙って俺の言葉に従う人妻を見ているだけで俺は興奮してまた勃起してきた。

 

 

 俺はベットに大の字になり、彼女にペニスにフエラチオを僕好みに教え込んで調教していきご奉仕するように命令した。

 

 

「さあ、心を込めてご奉仕して、俺を気持ちよくさせないとお仕置きするぞ」と言ってごろんとネットに上向きになった。

 

 

 大きく膨張しきったペニスで「入れて欲しいのか」「入れてください」と言うように命令して

 

 

「言葉攻めしてください」と言う人妻に「どこに何を入れて欲しいのかな」「淫乱な女です」と言わせる。彼女は何でもする。

 

 

 そのあと、ベットで次は僕の本物肉棒のギンギンになったもので後ろから犯す。

 

 

 すでに3時間以上午後の時間が過ぎている。この限りない肉弾戦でお互いぐったりとベットに倒れこんで仮眠と取った。

 

 

 この年になって、妻とはマンネリで立たなくなっていたこの俺が初めて経験するSMでなければ僕はこんなにはできないもう年齢なのでこのプレイにハマってしまた。

 

 

僕の様に元気がなくなってきた来た男性にはこのサイトで探すことをお勧めしますよ。

 

 

【 威三朗 兵庫県 45才 】

 

セックスしたい、若いころのようになかなかときめかないセフレとのコミュニケーション。女性だってセックスを楽しむことが男性も嬉しいのです。大人の恋はたのしいセックスから。

 

通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから

 

TOP戻る変態セフレ,smしたい,言葉攻めしてください不倫アプリで50歳の恋愛|40代の性|30代女既婚主婦体験談⇒>>