50代不倫割り切り中高年の不倫モテるおじさまとセックス

50代不倫は割り切りで付き合う中高年の不倫はモテるおじさまとセックスすることから大人の恋愛がはじまる。

 

彼女は25歳のOLの銀行員をしている。俺に家族があるから割り切りで付き合うことにしている。

 

中高年の不倫はなぜかモテるおじさまとセックスすることから大人の恋愛がはじまる。

 

 

そそり立つ肉棒を口に咥えようとする。彼女はフェラが上手いわけではないが熱心である。たぶん男性の経験も少ないのだろう。

 

 

始めはおとなしい女の子だと思っていた。何度か会っているうちにすっかり女の体になっていく。

 

肉棒の裏筋を根元から先端へやさしく眺めあげたりする。すっかり大人の熟女雰囲気がある。

 

そして袋までも、口の中に含んでしまった。

 

そそり立つ肉棒を口に咥えようとする。彼女はフェラが上手いわけではないが熱心である。たぶん男性の経験も少ないのだろう。

 

彼女のフェラに興奮してしまいついに彼女のアヌスまで舌をはわせていた。

 

 

肛門周りを恐る恐るなめてみた。ぴくぴくうごめき始めるアヌスは想像していたよりも柔らかで唇に心地よくまとわりついてきます。

 

 

「不思議な感じがする」俺はますます大胆な行動に出てきたと指で刺激を加えてきます。

 

 

「ひい」彼女が漏らし快感の叫びに、一瞬男を征服しているような錯覚に陥り心地よい響きとなって女の本能を刺激していた。

 

 

そそり立つ肉棒にく両手で握りしめ生まれて初めて快感と熱い充実感に押しつぶされた。

 

 

「おいで馬乗りになって僕の顔に押しつけて」突然の言葉にためらいながらも、愛液が滴り落ちて顔に愛液をなすりつける。

 

 

腰を無意識のうちに回転させながら、動けないペチャペチャと卑猥な音をたてながらクリトリスと言わず蜜壺と言わず舐めて吸いつくす。

 

 

僕の顔もヌルヌルで「クリトリスはイヤ、狂うちゃう」と切なく言う。

 

火が付いたようにほてったところに太くて硬くてたくましい肉棒をを押入れる。

 

彼女は失神してまうかも、「どこに入れてほしいんだい」自分の言葉にみだらな気分をかき立てられている。

 

俺はなおもジラらせながら燃えて熱くそそり立つものを、奥底にぐぐっとつぎ込んできたのです。

 

開けて唇が裂けるくらい程にほうばっている。

 

ゆっくりゆっくりピストンを初めて私元のリズムに合わせて腰を上下させます。

 

 

「キスして、もっとキスして、」とろけるような傷が欲しくて、思わず肩を寄せる顔から若い女の子の甘いチーズのような匂いがした。

 

 

腰の動きが激しくなって、ハードのピストンのたびに彼女の子宮の奥が押し上げられて

 

「ヒエ〜〜」と声を。

 

 

彼女は結婚前には数人の男性とのセックスを経験しましたが、今思うとお遊びみたいなセックスだという。

 

 

男性よりもすばらしいセックスの肉棒は太くて硬くて大きい。

 

「ああ〜〜気持ちがいい、もっとして、もっと」さらに大きくなりました。

 

言葉にならない歓喜の喜びをれてしまいました。セックスだけで結ぶ男と女これが本当の大人の恋なのか大人の恋を50代にして知りました。

 

TOP戻る50代 不倫,不倫 割り切り,中高年の不倫,おじさま セックス不倫アプリで50歳の恋愛|40代不倫|30代女既婚者不倫の主婦体験談>>