40代不倫男性と割り切った付き合いの近所で不倫

 40代不倫で見つけたセフレ割り切った付き合いで欲求不満の人妻のセフレと近所で不倫で楽しみ方も初めて喜びを知りました。

 

身体の関係を割り切った付き合いで楽しんで満喫です。

 

今さら聞けない40代男の「セックス&不倫」に」ですが、男だってまだ男でありたいと願うものです。

 

40代の男は「仕事も忙しくセックスにも昔ほど元気」ではない

 

けどこのまま枯れたおじさんになりたくないよなあ。

 

「40代の男で衰える」には早すぎる。40代の不能男ではショックである。40代はまだこれからでSEXと不倫のしどころホントの本音はと言えば不倫相手がほしいんだよな。

 

出会った彼女は肉棒は太くて硬くて長くてとてつもなく大きい。

 

彼女は狂ったようにしがみつき「ああ〜〜気持ちがいい、もっとして、もっと」さらに肉棒は興奮して大きくなりました。そして覆いかぶさっている彼の肩に羽織立てて最高のクライマックスに行く。

 

子宮の奥に熱い精液がドクドクと注ぎ言葉にならない歓喜の喜びに溢れいた。

 

セックスだけで結ぶ男と女これが本当の大人の恋なのか。

 

大人の恋を40歳にして初めて知ったことは多い。

 

男も「いい女とセックスしたい」「熟女と不倫したい」いい歳こいて、こんな下ネタ下半身のことは、恥ずかしさもあっ

 

てあんまり他人には聞けないんだよな。

 

いつものようにそのままセフレとホテルに入り、長い前戯で、強くやさしく激しくいつものように思いっきり深く突き刺し激しく腰を打ちつける。

 

腰を無意識のうちに回転させ、動けないペチャペチャと卑猥な音をたてながらクリトリスと言わず蜜壺と言わず舐めて吸いつくす。

 

僕の顔もヌルヌルで「クリトリスはやめて、狂うちゃうから」と切なく言って彼女は感じやすい女なのだろう。まるで、しびれるような快感を受け悶え狂っている。

 

火が付いたようにほてった驚くほどたくましい肉棒をを押入れられたら失神してしまうかも、

 

「どこに入れてほしいんだい」「オ○ンコに入れて」自分の言葉にみだらな気分をかき立てられている。

 

思いっきりいつものように足を大きく広げ動きがはげしく速くなりするまで戦いのような激しさです。

 

「いくっ」と、背中にしがみつく「うっ」 激流のような波打つ感。

 

「アッ〜 イクッ」 エクスタシーの頂点を感じこんな体験は特別だった。

 

それまでは普通だったのですが、中年のエロテクで相手の女によっては感じたことのない興奮を覚えるものだと思った。

 

【大吾 福井県 45才】

 

TOP戻る40代不倫,割り切った付き合い,近所で不倫不倫アプリで50歳の恋愛|40代不倫|30代女既婚者不倫の主婦体験談>>